「歯医者は痛いから苦手」という方へ~痛みを感じにくい治療~

歯医者に対して「痛い」「怖い」というイメージを持っている方は多いでしょう。虫歯や歯周病で痛みなどの気になる症状があるにもかかわらず、かつて「痛い」「怖い」思いをした歯科医院に対する苦手意識や恐怖心が先立ち、通院を先延ばしにしてしまう方もいらっしゃると思います。しかし、我慢しても症状が悪化するだけなので、歯の健康のことを考えるといいことは何もないのです。

歯科治療で特に苦手意識を持たれることが多いのが、麻酔注射の痛みです。麻酔が効きさえすれば治療の痛みを感じることはありません。現在では、医療技術の発達によって痛みを軽減できる方法が数多く登場しています。横浜市緑区長津田の歯医者「中村歯科クリニック」では、麻酔時の痛みを軽減するための取り組みを行っています。

【不安がある方はお気軽にご相談ください】

当院の院長は歯科の麻酔だけでなく、医科の麻酔に関する専門知識・臨床経験があります。障害者・有病者への治療など、麻酔を行う際に慎重さが求められる現場で歯科医療に携わってきましたので、安心しておまかせください。

当院が行う痛みを抑える方法

表面麻酔

注射針を刺す口腔粘膜に麻酔薬を直接塗布することで、注射針が刺さる痛みや、麻酔薬が注入されている時の感覚を鈍らせることができます。患部表面のみを麻痺させるため、安全性の高い局所麻酔が行えます。

細い麻酔針

注射針の太さは、刺した時の痛みの大きさに比例します。当然ながら、麻酔針が細い方が痛みを感じにくくなります。「中村歯科クリニック」では極細の注射針を採用することで、患者さんに痛みをほとんど感じさせずに麻酔を行います。

笑気吸入鎮静法

笑気麻酔

無刺激性の笑気ガスを鼻から吸引することで痛みや不安感を和らげる方法です。吸引している間は痛みの感じ方が鈍くなり、吸引をやめると効果もなくなるので、安全性の高い鎮静法のひとつです。

当院へご来院の際はこちらをご覧ください 院内紹介・アクセス

  • PAGE TOP