自分に合った入れ歯を見つけましょう

歯周病で歯が抜け落ちたり、虫歯の治療で抜歯を余儀なくされたり、交通事故やケガなどで歯を折ったりすることで、大切な天然歯を失ってしまうことがあります。歯を失った状態をそのままにしておくと、隣の歯が倒れこんできたり噛み合う歯が伸びてきたりして歯列のバランスが乱れます。そうなると、他の健康な歯まで失ってしまうリスクが高まるため、早急に補綴(ほてつ)治療を行う必要があります。

横浜市緑区長津田の歯医者「中村歯科クリニック」では、補綴治療のひとつである入れ歯作りのお手伝いをしています。入れ歯は、歯ぐきの状態の変化に合わせて細かい調整が必要になる技工物。合わない入れ歯でお悩みの方は、ぜひ一度当院へご相談ください。

合わない入れ歯を使い続けるリスク

合わない入れ歯を使い続けることは、次のような状態を招き、口腔内環境を悪化させることにつながります。

合わない入れ歯が招くトラブル
  • 入れ歯がズレたり外れたりして口腔内を傷つける(感染症を起こすことも)
  • 食べ物をよく噛めないので、消化器官に負担がかかる
  • 発音しにくいため会話が億劫になり、気分がふさぎがちになる
  • 噛み合わせの乱れから肩こり・頭痛などの全身の不調を招く
  • 部分入れ歯の場合は、支えにする歯に負担がかかるとさらなる歯の喪失につながる

合わない入れ歯を使い続けることは、単に使い勝手が悪いだけでなく、さまざまな不調につながります。入れ歯が使いにくい(痛い)ことによって会話や食事を楽しめないと、歯だけでなく精神面でも弱ってしまうでしょう。現在お使いの入れ歯を調整することも可能ですので、お悩みがある方はお早めにご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯は保険で安価に作ることもできれば、自費でこだわりの入れ歯を作ることもできます。

  保険の入れ歯 自費の入れ歯
  保険の入れ歯 自費の入れ歯
特徴 使用できる素材が歯科用プラスチック(レジン)に限定されています。部分入れ歯の場合は、金属バネのある形状になります。 さまざまな素材や入れ歯のタイプから、ご自身のご希望に応じたものをお選びいただけます。
メリット
  • 保険適用で安価に作れる
  • 修理や調整が比較的簡単にできる
  • ライフスタイルに合った、使い勝手や使用感のよい入れ歯ができる
  • 見た目が自然な入れ歯ができる
  • 強度や耐久性が高いものができる
デメリット
  • 見た目に不自然さがある
  • 床が厚いため慣れるまで違和感がある
  • 製作に時間がかかることがある
  • 保険適用外のため高額になる
  • 修理が難しいことがある

中村歯科クリニックの取り扱い入れ歯

レジン床義歯
レジン床義歯 特徴 保険診療で作る入れ歯です。歯科用プラスチックで作られるため、床(歯ぐきに当たる部分)に厚みが出てしまいます。
メリット
  • 保険が適用する
  • 修理・調整が比較的簡単
デメリット
  • 床が厚いため慣れるまで違和感がある
  • 物によっては壊れやすい
金属床義歯
金属床義歯 特徴 床に金属を使用して、薄く軽く作られた入れ歯です。装着時の違和感もなく快適な使い心地が得られます。
メリット
  • 熱伝導よく食べ物の温度を感じやすい
  • 耐久性が高く壊れにくい
  • 汚れがつきにくい
  • 使い心地のよい入れ歯になる
デメリット
  • 自費診療のため高価
  • 金属アレルギーの心配がある
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー 特徴 樹脂製の部分入れ歯です。金属バネを使用せず、素材の特性を活かして歯ぐきに吸着させます。
メリット
  • バネがないため見た目が自然
  • 周囲の健康な歯に負担が少ない
  • フィット感が高く、違和感なく噛める
  • 弾力性があるので壊れにくい
  • 金属不使用でアレルギーの心配がない
デメリット
  • 総入れ歯には対応できない
  • 温度変化に弱く取り扱いに注意が必要
  • 変色することがある
  • 熱伝導性はあまり高くない

入れ歯ではない新しい治療法をご希望の方へ 自分の歯のように噛みたい~インプラント~

  • PAGE TOP